雑記

簡単な歯科矯正のはずが手術??

ネットでいろいろ調べ物をしてるうちに私も経験したことのある記事にたどり着きました!
<こちらを参照>

数年前のことですが、私は手術込みの矯正をしました。
なんで手術??って最初はそんな感じでした。

私が歯の矯正をするキッカケになったのは掛り付けの先生から「このままだとある日を境に歯がなくなっていくよ~」と図説で説明されたから。もともと歯並びも悪く、いびきもかくし、顎もないしで(笑)ちょうど友人も同じは医者にかかっててあっさり矯正してたので私もすることにしたのでした。

しかしいざ前準備として検査したら「顎変形症」ということが判明。
手術こみの矯正になるかもだからと家族を呼んで、執刀医の大学病院の先生も来て丁寧に説明してくれました。効果もリスクも。そんな感じでそこから合計3人の先生のチームでお世話になることになります。

私の場合はこうやって顎が入り込んでいて、無呼吸もあるとのことだったのです。
それを手術で骨を切って前に出すということになりました。

最初の1年は上下の噛み合わせは無視で歯並びを直し、そのあと手術で噛み合わせを調整する流れでした。さて!いざ入院手術の準備段階になって歯の根元が化膿して延期になり…^^;

この時の痛さって言ったらその日は眠れなくて大変でした!!(><;)
膿がパンパンに溜まってもがき苦しみ、せっかく自己輸血用の血をも抜いたのに捨てました。
この記憶は忘れられませんね。

さて改めて体調も整いまた血を抜いて入院。紹介された先生がいる歯科大学病院に入院しましたよ。
先生からは改めて、上下の骨は切るけどもしかしたらオトガイ(顎の先)も切るかも~と。
へ?はっきりしてないんです?うん。みたいな(笑)バランスを見るそうです。

オトガイはこうやってちょっと前に出すそうです。(結局切って出しました!)

そしてとうとう手術室に入りました。まじまじと周りを観察。
こういう時資料として目に焼き付けるという癖がどうしてもあります。
(入院中も早朝の誰もいない診療室とかバンバン写真を撮りました。)

絶対寝るもんかとあらがったのですが、腕からの麻酔の後、口からの濃ゆい気体を吸い込んだら瞬殺でした。

目が覚めたのは手術直後?看護師さんやみんながせーの!で私を担架にのせ替えた衝撃でぱちっと目が覚めて「先生!目が開いてます!」と聞いて焦ります。「え??やばいタイミングで起きちゃったの??」と思ったけどまたス〜っと寝ました。

次に目が覚めたのは、手も足も括られて、鼻に管が通ってて顔にぐるぐると固定する包帯で息も苦しい状況でした。もう少しで管が外れますからね、と麻酔科の先生が言いましたけど、もう私起きてるんだから早くして〜〜ともがもがしてました。30分はもがもがしてました。

実は手術後丸1日眠らされてたんですがちょいちょい起きるのです私ったら。。。
手術直後に目が覚めたのを最初に縛られてて動けないし息が苦しいしで何回も目が覚めてはうーんってなってまた寝る…みたいな(無意識に顔まわりを触らないため)

やっと管が外れ、安静室で1日過ごしたら自分の部屋に戻れるよ〜と言われましたが、次の日立ち上がったらフラフラしたらしいのでもう1日安静室に^^;
6時間の手術ってでかい手術みたいなので消耗したんでしょうね。
本人的には痛くないのですが、口もワイヤーで閉じられてるし、顔が腫れて息苦しいし、顔が麻痺してて水飲めないしでしばらく大変でした。
ちなみに病棟にいて同じ手術をした人はすぐわかりました。みんなシュレックみたいな顔になってたのです^^;顔がパンパンという意味で。

さて1週間は口を閉じてるワイヤーが外れないので試行錯誤が始まります。
まずは食事!鏡を見ながらストローや楽のみで水分をとります。食事は3種類ともただの水分なのです(シクシク)ほんのり白く濁ってるかも?な液体が米汁でしょうね。。。

術後、何が疲れるかって言ったらこの作業!皆カーテン閉めて諡号錯誤。
麻痺して感覚ないので見ながらです。しまいには疲れてほぼ食べない人が多い中、食欲だけは旺盛に私はメキメキ元気になっていきます(笑)

あ、寝るときも苦労したかな〜。。。呼吸が苦しい!

これが大活躍!

あとは術後の血が溜まってるのでこまめに吸入器で取り除きます(だんだん慣れてくる)

術後、最初のお風呂では鼻水と思ったら両鼻からドバ〜っと鼻血が出たのには驚きました。
1週間経ってようやくペースト食、粉砕食とだんだんと固形になりヤッホー♪

そんなこんなで、他の人より大きな手術(だいたい1箇所切る人が多い中、3箇所切ったので)の割にケロッとしていたのは、痛みがなかったことかなと思ってます。
手術個所の特徴として神経がいっぱい通ってるところなので切ることによって麻痺しちゃいます。これは時間とともに治ってきますが、まれ〜に痺れが残る人もいます。…私少し残っちゃったかな^^;

そんな感じの入院でしたが、1年後にまた入院&手術が控えてるのでした。

1番右のように手術後の骨の固定でプレートが埋まっています。これと私はオトガイにXの形をしたプレートが埋まってましたが。それを取る手術があります。2年連続で全身麻酔をしたのでした。2回目は1回目の教訓で腕が痛かったので口からの麻酔を先に入れてもらったと思います。
この時の入院はもう3〜4日いても良かったのですがさっさと帰ってきてしまいました。

だいぶはしょりながら書きましたが、今思えば大変だったのかな??と思います。
歯は大事ですね^^;今の時代は子供の頃に矯正をするお家が増えてそうだから早めに治療はしといたほうがいいかもしれませんね!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
ぽち!っと応援よろしくお願いします♪