デジアシ

漫画の背景を描く時に意識してる事。

私はたまに在宅で漫画背景のアシスタントをしています。
多い時で4〜5人。(普段は2〜3人)
でも今は漫画を描く道具がデジタルになったのでわざわざ漫画家さんのうちに行かなくても済むようになりました!私にとって、すごくありがたい環境になりましたよ。

そこで今日は漫画の背景のお話。
デジタルになったからかなり楽なんですが、いかにもデジタルっていうのは嫌いなんです。
なもんで、ちょっとした描き方でデジタルっぽさを消したり、質感を出してたりします!

ちなみに描く前にはこれは何の素材なんだろう??どんな仕組みなんだろう??
とわからないところはすぐ調べます。漫画とはいえ、実物を知った上でのデフォルメが大切になってきますね。

今日はカンタンな感じで。。。

1:パース定規を使いますが、角は線をつながずに開けっ放し。
  もしくは通過して交差させておく。
  
2:パース定規を解除して、フリーハンドで線をつなぐ

そしたらなんか温かみのある質感になりますね♪

ちなみにこのように線を交差させてしまっても

ほい!
ベクター消しゴムというものでちょんとさわれば消えちゃいます♪
あと気をつけてる事。。。
漫画なので嘘の背景を入れたりしますが、開かない窓はまずい!

このように奥行きは意識しています。

ちょっとした事なんですが、せっかく描くのだったらそれっぽくなるように工夫したいですね
またそのうち思いついたことを描きます

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
ぽち!っと応援よろしくお願いします♪